外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 社内のコンプライアンス(法令順守)の窓口に通報したため不当に配置転換されたとしてオリンパスを訴え、東京高裁で勝訴した社員(51)に、同社が慰謝料や利息など約260万円を支払ったことが10日、分かった。損失隠し問題の発覚で支払いに不安を感じた社員側が預金差し押さえを東京地裁に申し立てて認められ、12月6日に支払われた。同社の第三者委は、コンプライアンス窓口が十分に機能していなかった点を挙げていた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信