外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 厚生労働省が全国の健康保険組合を対象に行ったがん検診の実態調査で、企業の社員を中心とする被保険者の受診率が肺で72%、大腸で61%、胃で57%と高かったことが12日、分かった。ただ、検診で異常が見つかった人のうち精密検査を受けたのは、肺、大腸で45%、胃は44%と低く、受診率向上が課題となった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信