ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

祇園暴走事故、原因はてんかん

 京都市東山区の繁華街・祇園で4月、軽ワゴン車が暴走し、通行人7人が死亡、12人が重軽傷を負った事故で、運転していた藤崎晋吾容疑者(30)=死亡=の持病のてんかん発作が原因とする見方を京都府警が固めたことが13日、捜査関係者への取材で分かった。府警は、事故時にてんかん発作による意識障害が起き、運転を制御できなくなった可能性が高いと判断。自動車運転過失致死傷の疑いで容疑者死亡のまま書類送検する方針。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。