外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 神奈川県が、乳幼児に定期接種しているポリオ(小児まひ)の予防接種で、まひの副作用がないとされる不活化ワクチンを希望者に有料で提供する方針を決めたことが15日、県への取材で分かった。早ければ年内にも提供を始める。県によると、病院単位での不活化ワクチンの提供はあるが、都道府県では全国初という。厚労省は来年度末の不活化ワクチン導入を目指しているが、現在は未承認のため、医師が海外から個人輸入する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信