外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 01年に花火大会の見物客11人が死亡した兵庫県明石市の歩道橋事故で、全国で初めて強制起訴され、業務上過失致死傷罪に問われた元明石署副署長榊和晄被告(66)に神戸地裁は20日、過失を否定した上で、時効が既に成立しているとして裁判を打ち切る「免訴」の判決を言い渡した。奥田裁判長は「現場から規制の必要性を訴える報告がなく、予見可能性を認めるには合理的な疑いがある。業務上過失致死傷罪は成立しない」と述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信