外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 神戸製鋼所がアルミニウム製品などの性能データを改ざんしていた問題で、アルミ・銅事業で新たな不正の疑いがあることが12日、分かった。発表済みのものと別の製品でも偽装が行われた可能性があるとみて調べている。不正が確認されれば、問題製品の供給先は約200社からさらに増え、事態が一段と深刻化するのは必至だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信