ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

神鋼、鉄粉製品でも改ざんの疑い

 神戸製鋼所がアルミや銅製品のほかに、鉄粉製品でも強度などの性能データを改ざんしていた疑いのあることが11日、分かった。社内調査を進めており、不正行為の広がりが確認されればさらなる信用低下は必至。改ざん問題で追加費用が生じる可能性にも備え、同社は子会社である神鋼不動産(神戸市)の株式を売却する方針だ。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。