外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 福岡市で2003年に一家4人が殺害された事件で強盗殺人罪などに問われ、一、二審で死刑とされた中国人の元専門学校生魏巍被告(31)の上告審判決で、最高裁第1小法廷は20日、被告の上告を棄却した。死刑が確定する。判決理由で白木勇裁判長は「強固な殺意に基づき、金品目的のためには生命の尊さを意に介さない極めて冷酷、残忍な犯行で、結果も重大だ。刑事責任は極めて重く、死刑はやむを得ない」と述べた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信