ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

福岡の3児死亡飲酒事故で和解

 福岡市で2006年8月、飲酒運転した元同市職員今林大受刑者の乗用車に追突された多目的レジャー車が海に転落、幼児3人が水死した事故で、両親が約3億5千万円の損害賠償を求めた訴訟は17日、今林受刑者らが謝罪、賠償する内容で福岡地裁(田中哲郎裁判長)で和解が成立した。今林受刑者と父親が過失相殺なしで賠償金を支払う。受刑者らは遺族に謝罪し、哀悼の意を表明することも和解条項に含まれた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。