外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 福岡市は1日、微小粒子状物質「PM2・5」の健康に与える影響を調べるため、2014年度から2年間、小学生延べ約2千人を対象に疫学調査を行うと明らかにした。市によると、自治体によるPM2・5の健康影響調査は全国初。国立環境研究所(茨城県つくば市)と共同で、市内4校の小学5、6年生を対象に、例年PM2・5の飛来が多い5月ごろの実施を予定している。今年の秋には500人規模の予備調査を行う予定。

共同通信