外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 警察と海上保安庁は11日、東京電力福島第1原発がテロリストに襲撃されるという想定で、合同訓練を実施した。警察庁や海保は原発事故後に警備体制の見直しを行っており、連携を確認するのが狙い。事故で脆弱性が明らかになった第1原発は、冷却システムの一部が現在も仮の設備のままであるなど安全性を疑問視する声があり、警察庁はテロの標的になる可能性が高いとみている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信