外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東電福島第1原発事故のため夜間滞在ができない福島県の避難区域で、特例として認められた年末年始の宿泊が29日、始まった。ペンションでは2年ぶりに忘年会を開催。自宅でほっと息をつく住民の姿も見られたが、除染が進まず帰宅をあきらめた人も多い。事前に登録したのは対象者約8千人のうち525人にとどまった。田村市の都路地区のペンション「ファームハウス都路」では、夕方から地区の約30人が集まり、忘年会を開いた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信