外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 下村博文文部科学相は12日、東京電力福島第1原発事故の和解をめぐる手続き中に、賠償請求権の時効が過ぎても、権利が消滅しないよう特例法案を検討していることを明らかにした。通常国会に提出する方向で調整を進める。民法では損害賠償請求権は3年を経過した場合、時効により消滅すると規定されており、福島県などが国に対応を求めていた。原発事故では東電が既に、時効が過ぎても損害賠償に応じる考えを示している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信