外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京電力は12日、福島第1原発2号機の原子炉圧力容器底部の温度が同日午後2時すぎ、82度に上昇したと発表した。政府が昨年12月、冷温停止状態を宣言して以降、最も高い温度。東電は、冷温停止状態を維持するために、誤差を含めて80度以下で管理すると保安規定で定めており、運転上の制限を満たしていないとして原子力安全・保安院に報告した。東電は放射性キセノンが検出されていないことから、臨界していないと判断。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信