外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国の原子力委員会の専門部会は28日、東京電力福島第1原発の廃炉に向け中長期的な課題を示した報告書案を公表、廃炉作業を終了させるまでに「30年以上かかると推定される」との見通しを示した。溶けた核燃料の回収などに「世界初とも言える高度な技術」が必要として、技術開発や研究体制の整備を課題に挙げた。12月までに報告書をまとめる

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信