外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京電力福島第1原発事故の放射性物質による汚染を受け、福島市は18日、2年間で住宅や学校など市内全域の生活空間での放射線量を毎時1マイクロシーベルト以下にすることを目指した本格除染を、比較的線量の高い大波地区の民家で開始した。同市の計画では毎時2・5マイクロシーベルト以上と放射線量が高い住宅などについては市が主体となって除染し、線量が比較的低い住宅や側溝については市民に協力を求めるとしている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信