外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 福島県教職員組合は24日、東日本大震災で保護者や保護者代わりの親族などを失った小中学生を対象に、奨学金を給付する基金を創設したと発表。月1万円を2015年度までの最長5年間給付する。震災発生当時、中学3年だった子どもは除く。孤児や遺児となった福島県内の小中学生は2月現在、県の調べで85人。11年度の申請は3月1~23日で、4月に1年分12万円をさかのぼって給付する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信