ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

福島知事、現地調査を受け入れ

 東京電力福島第1原発事故の除染で出た汚染土壌や廃棄物を保管する中間貯蔵施設をめぐり、福島県の佐藤雄平知事は28日、国が申し入れている3町の候補地での現地調査について「受け入れることにした」と表明した。福島市内で開いた双葉郡の町村との協議会終了後、記者団に「調査受け入れイコール建設受け入れではないとの条件を付け、長浜博行環境相に連絡した」と述べた。ほかに調査の状況を報告することも条件とした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。