外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 社民党の福島瑞穂党首は25日の常任幹事会で「衆院選と参院選の敗北は私に責任がある。党首を本日、辞任する」と表明し、了承された。当面は党首代行を置き、8月中に参院選の総括をまとめる。9月中にも全国代表者会議を開き、新たな体制を決める方針。又市征治幹事長が党首代行に就く見通しで、後任の党首にも又市氏の名前が浮上している。社民党は先の参院選で比例代表の1議席獲得にとどまり、改選2議席を維持できなかった。

共同通信