外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京電力は20日、福島第1原発で約300トンの高濃度汚染水が漏えいした地上タンクを解体調査した結果、底板の接ぎ目のボルト5本が緩んでいたと発表した。東電は「漏えいの原因となった可能性が高い」として、今後詳しく調べる。問題のタンクは「フランジ型」と呼ばれ、鋼鉄製の板をボルトで締めて組み立てる構造。底部は5枚の板で構成され、緩んでいたボルトはいずれも約3メートルの間に集中していた。

共同通信