外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウィーン共同】東京電力福島第1原発の廃炉作業を検証する国際原子力機関(IAEA)調査団のレンティッホ団長が19日までに共同通信と会見した。第1原発で汚染水が増え続ける原因の一つとなっている原子炉建屋への地下水の流入防止を最優先する必要があると指摘し、流れ込む前の地下水をくみ上げて海に放出する東電の「地下水バイパス」計画を「実現すれば非常にいい措置」と評価した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信