外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京電力福島第1原発の地上タンクで、新たな汚染水漏れがあったタンクに傾きがあったことを東電が3日、明らかにした。傾いたタンクにほぼいっぱいまで水を入れたため、タンクの天板部から漏れたのが原因。東電は傾きを事前に把握していたが「許容の範囲内だった」としている。汚染水の一部はタンク点検用の足場を伝って、タンク群を囲むせきの外にも出ており、外に漏れた汚染水の量は約430リットルとみられる。

共同通信