外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大阪府が発注した同府河内長野市の架橋工事で、福島県内の建設会社が造った橋桁の搬入に、放射性物質の汚染を恐れる地元住民が反対、工事が中断していることが6日、明らかになった。放射線量の測定結果に異常はなく、府は住民の理解を得た上で工事を再開する方針。橋桁は福島県郡山市の建設会社が大阪府から受注。長さ55メートル、幅8メートルの鋼製で、河内長野市から和歌山県境にかかる国道371号の工事の一部。今年2月に郡山市の工場で造られ、9月に河内長野市に搬入する予定だった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信