外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 金融庁は28日、東日本大震災で被災した福島県の相双信用組合(相馬市)といわき信用組合(いわき市)に対し、改正金融機能強化法に基づき、計314億円の公的資金の資本注入を決定したと発表した。復興に向けた資金需要に備え、自己資本を充実させ、貸し出し機能を強化する。資本注入は、信組の上部組織の全国信用協同組合連合会(全信組連)と協調して、来年1月18日に実施。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信