外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は10日、福島県内の放射性物質の除染作業で回収した土などを保管する中間貯蔵施設の建設をめぐり、県や双葉郡8町村との初めての意見交換会を同県郡山市で開いた。国側は中間貯蔵施設の候補地として、福島第1、第2原発が立地する大熊、双葉、楢葉3町を挙げて、設置を要請し、富岡町の管理型処分場には災害廃棄物を搬入することを打診した。会合で政府は除染に向けた研究開発の拠点を、双葉郡を含む県沿岸部につくる構想も示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信