外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京電力福島第1原発事故による福島県の避難区域のうち、ゴールデンウイーク期間中に特例で認められた夜間の宿泊が27日、五つの自治体で始まった。特例宿泊は昨年暮れからの年末年始に続き2度目。今回、初めて認められた葛尾村では、同県三春町の仮設住宅で避難生活を送る松本邦久さん(53)が、自宅に飲料水や米袋を持ち込んだ。「仮設は狭いからストレスがたまるけど、ここは広くて気分も楽」と笑顔を見せた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信