ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

福島、新たに2人が甲状腺がん

 原発事故による放射線の影響を調べている福島県の県民健康管理調査の検討委員会が13日開かれ、18歳以下(震災当時)の2人が新たに甲状腺がんと確定と報告された。昨年9月に判明の1人と合わせ、3人となった。福島県立医大は「甲状腺がんは最短で4~5年で発見というのがチェルノブイリの知見。今の調査はもともとあった甲状腺がんを把握している」と述べ、原発事故による放射線の影響を否定。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。