外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京電力福島第1原発事故を受け、福島県が県内の母親約1万人を対象に、母乳に放射性物質が含まれていないか検査することが12日、分かった。県によると、県内の新生児は年間約1万8千人。母乳の代わりに粉ミルクを与えている母親もいるため、検査対象は1万人程度となる見込み。県は専門家から意見を集め、実施方法の検討を進めている。検査には1人当たり約5万円かかる見込み。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信