外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 原発事故のため、避難指示が続いている福島県田村市・都路地区の避難指示解除準備区域で1日、自宅での宿泊が特例で認められるようになった。期間は10月31日までの3カ月間。住民はこれまで日中しか滞在できなかったが、仮設住宅などに戻らず、自宅で生活を続けることができる。政府は避難指示の全面解除に向け、3カ月間の生活状況を見ながら市や住民と協議する方針。避難指示が解除されれば初となる。

共同通信