ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

福祉支援の審査提出、地裁が拒否

 現住建造物等放火罪で起訴された長崎市の女性被告(51)について、専門家組織「障がい者審査委員会」が、発達障害が疑われ、懲役刑よりも福祉支援が必要だとの審査結果を起訴後に出したのに、裁判員裁判への証拠提出を長崎地裁が拒んでいたことが20日、関係者への取材で分かった。公判前整理手続きで弁護側が証拠提出の意向を示したが、地裁側は「重大犯罪にふさわしくない」と述べたという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。