ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

秀吉の賤ケ岳合戦指示書展示

 1583年に羽柴(豊臣)秀吉と柴田勝家が戦った賤ケ岳の合戦で、秀吉が戦場に向けて具体的な戦略を指示した古文書が見つかり、滋賀県長浜市の長浜城歴史博物館が11日、展示を始めた。文書は、秀吉の弟で当時前線にいた羽柴秀長に宛てた「羽柴秀吉書置 羽柴秀長宛」の墨書で、縦30センチ、横約45センチ。黒田官兵衛や木村隼人などの名前を挙げ、自軍のとりでの周囲にある小屋を壊すことなどを指示している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。