外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 バイオ燃料の利用促進を目的にした補助金助成で秋田市内に設置された廃油リサイクル設備をめぐり、神奈川県の燃料販売業者が農林水産省に無断で施設を売却していたことが13日、会計検査院の調べで分かった。申請書類も交付が受けられるよう虚偽を記入、補助金適正化法などに抵触する疑いもある。検査院は2009年度までの2年間にこの業者に交付した約1億4千万円を不適切と農水省に指摘する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信