外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 雑誌の読者プレゼントで当選者数を水増ししたのは景品表示法違反(有利誤認)にあたるとして、消費者庁は20日、出版社の秋田書店(東京)に再発防止などを求める措置命令を出した。同庁によると、懸賞品の当選者数水増しを同法に基づき処分するのは初めて。同庁によると、問題があったのは2010年5月から12年4月に発売した女性向け漫画雑誌の「ミステリーボニータ」「プリンセス」「プリンセスGOLD」。

共同通信