外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 防衛省が北朝鮮に対する弾道ミサイル防衛(BMD)の新規装備として導入する予定の地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備先について、政府が秋田、山口両県を候補地としていることが11日、政府関係者への取材で分かった。自衛隊施設への設置を想定。陸上自衛隊が運用する方向で調整しているが、防衛省内に異論もあり、候補地を含めて結論となるかは流動的だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信