外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 10日午後10時5分ごろ、大阪府阪南市黒田5丁目の市道で、地元の秋祭りに参加していた同市黒田、会社員下川床隆一さん(25)が「やぐら」と呼ばれる山車にひかれ、胸を強く打って死亡した。泉南署によると、やぐらは高さ約3・7メートル、重さ約2トンで、直径約1・65メートルの二つの木製の車輪がある。下川床さんは木棒に巻いたロープを引く役で、車輪のすぐ前にいて転倒し、車輪に巻き込まれた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信