外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 自民、公明両党は22日の与党政策責任者会議で、機密を漏らした公務員らへの罰則強化を盛り込んだ特定秘密保護法案を了承した。国民の「知る権利」や報道・取材の自由への配慮を条文に明記したものの、永続的な秘密指定が可能で、政府が恣意的に情報を隠していないかの検証は困難だ。厳罰化で公務員らが取材に萎縮する懸念もある。政府は25日に閣議決定し国会提出する。今国会で成立する公算が大きい。

共同通信