外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 自民、公明両党は6日午前の幹部会合で、特定秘密保護法案を午後の参院本会議で成立させる方針を確認した。法案成立を確実にするため6日までの国会会期を8日まで2日間延長する方向でも一致した。民主党は全力で抵抗する姿勢で、法案を担当する森雅子内閣府特命担当相の不信任決議案を衆院に、問責決議案を参院に提出。内閣不信任案提出も検討している。法案採決は6日夜が有力だが、7日未明にずれ込む可能性もある。与野党攻防は最終局面を迎えた。

共同通信