ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

秘密法案、参考人全員が懸念表明

 参院国家安全保障特別委員会は3日午前、機密を漏らした公務員らへの罰則強化を盛り込んだ特定秘密保護法案に関する参考人質疑を実施した。3人の参考人全員が法案への懸念を示し、廃案や慎重な審議を求めた。野党は昼、同法案の徹底審議を求める緊急集会を国会内で開いた。政府、与党は6日の国会会期内の成立を目指しているが、野党側は廃案や徹底審議を求めて攻勢を強めている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。