外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 自民、公明両党は19日昼、特定秘密保護法案をめぐる日本維新の会との修正協議を続行、日本維新が求めていた秘密指定をチェックする機関の検討を受け入れる考えを伝えた。いったん協議を中断し夕方再協議する。秘密指定の期間を30年以内とする維新案を踏まえ妥協案を提示する考えだ。みんなの党は役員会を国会内で開き、18日に与党と大筋合意した修正案を了承した。修正協議や衆院での採決日程をめぐる調整は大詰めを迎えた。

共同通信