外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府、与党は4日、特定秘密保護法案について5日の参院国家安全保障特別委員会の質疑終了後に採決する方針を固めた。採決強行も辞さない。与党幹部は6日の国会会期末を待たず、5日の参院本会議で採決し、成立させることもあり得るとの認識を記者団に示した。与野党対立の激化は必至だ。安倍晋三首相と民主党の海江田万里代表ら野党3党首は4日の党首討論で同法案をめぐり応酬。海江田氏は国民の「知る権利」を脅かす危険性を重ねて指摘した。野党7党は慎重審議を求め、都内で共同の街頭演説会を開いた。

共同通信