外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】クラッパー米国家情報長官は12日、上院情報特別委員会の公聴会で、北朝鮮が昨年4月の軍事パレードで初めて公開した移動式の新型ミサイル「KN―08」について「外見は大陸間弾道ミサイルだ。既に実戦配備に向けた初期段階の作業に着手したとみている」と証言した。同ミサイルは実際に発射されたことはなく、性能には懐疑的な見方もある。実戦配備されれば重大な脅威になり得るとみて米軍が警戒を強める。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信