外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大相撲春場所で劇的な2場所連続2度目の優勝を果たした横綱稀勢の里関が、左上腕部の筋損傷で加療1カ月と診断されたことが29日、日本相撲協会関係者の話で分かった。4月2日から始まる春巡業を休場し、当面は治療に専念する。途中出場の可能性もあるという。

共同通信