外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 09年度の一般会計税収が、当初予算見積もりの約46兆1千億円から8兆円程度下振れし、38兆円前後に落ち込む見通しとなったことが18日、明らかになった。主な要因は、企業の業績悪化に伴う法人税の急減で、5兆円台と見込み額の半分程度になる。1985年度(38兆2千億円)以来、24年ぶりの低水準だ。政府は赤字国債を大量発行する方針。当初予算と合わせた新規国債発行額は50兆円突破が避けられない情勢だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信