外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 16日午前1時45分ごろ、北海道稚内市末広の稚内港の天北2号埠頭で、停泊中のカンボジア船籍のカニ運搬船「タイガン」(497トン、23人乗り組み)が燃えていると119番があった。船の後方3分の2程度の内部を焼き、船内から20~50代のロシア人乗組員6人とみられる遺体が見つかった。道警と稚内海上保安部などが身元確認を進めるとともに、出火原因を調べる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信