外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 絶滅の恐れがある野生生物の違法な捕獲や販売を行った企業への罰金を、現行の最高100万円から同1億円に引き上げることを柱とした、政府の「種の保存法」改正案が1日、明らかになった。今国会に提出する。一方、同法の規制対象種は国内の絶滅危惧種、約3600種のうちの3%未満にすぎないという問題があり、環境保護団体は抜本的見直しを求めていたが、改正案では見送られた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信