南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報隠蔽問題を巡る衆院安全保障委員会の閉会中審査が10日、開かれた。稲田朋美元防衛相が日報データの保管の報告を受け、非公表方針を了承したかの解明が焦点。防衛監察本部の担当者は「関係者の証言があやふやで発言が特定できなかった」と従来の説明を繰り返し、関係者の詳しいやりとりも明らかにしなかった。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。