外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 民進、共産、自由、社民の野党4党の国対委員長らは29日、大島理森衆院議長と国会内で会談し、臨時国会の召集を安倍晋三首相に促すよう要請した。4野党は7月2日投開票の東京都議選応援で問題発言をした稲田朋美防衛相の任命責任を巡り、首相を追及する考えだ。民進党の野田佳彦幹事長は「問題究明のため国会を開くべきなのに首相は逃げている。説明責任を果たす姿勢がみじんも感じられない」と非難。都議選に向けた与野党の攻防が激化した。

共同通信