外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報隠蔽問題を巡り、10日午後、参院外交防衛委員会の閉会中審査が開かれた。野党は衆院に続き、稲田朋美元防衛相が日報データの保管の報告を受け、非公表方針を了承したのではないかと追及したが、小野寺五典防衛相は詳細な説明を避け、再調査も拒否した。野党は「大臣が代わっても隠蔽体質は変わらない」と批判し安倍晋三首相や稲田氏の招致を求めたが、実現可能性は低く、稲田氏の関与は未解明のまま幕を閉じる見通しとなった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信