ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

稲田防衛相が辞任へ、混乱で引責

 稲田朋美防衛相は27日、閣僚を辞任する意向を固めた。南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報隠蔽問題を巡り、防衛省トップとして混乱を招いた責任を取る。特別防衛監察結果の28日の公表に合わせて辞任を表明するとともに、安倍晋三首相に辞表を提出するとみられる。首相は防衛相ポストについて、8月3日にも実施する内閣改造まで自身か閣僚が兼務することも検討する。黒江哲郎事務次官、岡部俊哉陸上幕僚長の事務方、陸自両トップが辞任することも分かった。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。