外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 稲田朋美防衛相は9月中旬、就任後初めて米国を訪問する方針を固めた。カーター国防長官との会談を調整している。政府関係者が29日明らかにした。強固な日米同盟をアピールすると同時に、安全保障関連法に基づく自衛隊と米軍との連携強化や共同訓練の着実な実施について確認したい意向だ。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設の進捗状況に関しても意見交換するとみられる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信